2017-08-21

レシピ トマト卵丼/麺 番茄鸡蛋饭/面 Fānqié jīdàn fàn/miàn

日本で中華料理のなかでも人気の高いトマトと卵の炒め物、番茄炒蛋(Fānqié chǎo dàn)。

中華のお店で出てくる番茄炒蛋は、卵にしっかり火が通っているものが多いと思います。このレシピでは、トマトを炒めて水分を出し、その水分と半熟の卵でトロトロのあんかけ状に仕上げ、ごはんや麺にかけます。火が入ったトマトは酸味が抑えられ、卵でさらにまろやかな味になっています。昆布だしと塩でシンプルな味付けにしておき、豆豉を使った辣油と黒酢をかけて食べます。

辣油の塩気と、黒酢のまろやかな酸味がたまりません。食欲のない時におすすめです。

このレシピは私の料理上手な友人によるアレンジを元にしています(掲載の許可をもらいました)。

 

材料(1〜2人前)


  • トマト 大1個(小2個)
  • 卵 2個
  • ネギ 30g
  • 顆粒だし(液体のものでも、なんでも可。昆布だしがおすすめ)動画では顆粒の昆布茶を2g使用
  • 塩 2g
  • 辣油(豆豉などの入ったもの)適量
  • 黒酢 or 普通の酢 適量
  • 白米やそうめん、うどんなど、お好みの炭水化物 適量

 

作り方


  1. トマトを一口大に切る。
  2. 卵をとく。
  3. ネギを細かく切る。
  4. ご飯や麺などを用意しておく。そうめんの場合は、トマトを炒め始めるあたりで茹で始めるとスムーズ。
  5. フライパンで油を熱し、ネギを入れて炒める。
  6. ネギがしんなりしたら、トマトとだし、塩を入れて炒める。
  7. トマトから水が出て来るまで炒める。トマトの酸味が苦手な方は、長めに炒めると少し酸味がマイルドになる。
  8. 卵を流し入れ、少しだけかき混ぜて火を止め、卵が固まったら再び大きく全体を混ぜる。余熱で卵がトロッとなると理想。混ぜすぎると見た目と食感が悪くなるので注意。
  9. お好みで、辣油と黒酢をかけて食べる。

 

豆豉の辣油が手に入らない場合は、豆豉だけを刻んでネギと一緒に炒めてもおいしいです。

 

動画 トマト卵丼の作り方


関連記事