2017-08-21

レシピ さやいんげんの麻辣炒め 干煸豆角 Gān biān dòujiǎo

痺れる“麻”の味と、辛い“辣”の味。シンプルに味わえるのがこの料理、さやいんげんの炒め物です。

花椒と唐辛子をたっぷりと使います。本場では、花椒と唐辛子に埋もれているさやいんげんを探しながら食べるというから驚きです。

花椒と唐辛子を香りをしっかりと油にうつして、さやいんげんをしなしなになるまで炒めるのがおすすめ。力強い麻辣の味が楽しめます。

唐辛子に満遍なく火が通って黒っぽくなると、不思議と辛さがなくなり、香ばしく食べることもできます。赤いところが残っていると悶絶することになるので注意して食べましょう。

 

材料


  • さやいんげん 200g
  • 唐辛子 5g~
  • 花椒 3g~
  • ねぎ 30g
  • 生姜 15g
  • にんにく 15g
  • 紹興酒 10g
  • 中華だし 5g~
  • 醤油 2g~
  • 塩 2g~
  • 油 10g

 

作り方


  1. さやいんげんのヘタを取り、5cmほどの長さに切る。
  2. 生姜とにんにく、ネギを細かく切る。
  3. フライパンで油を熱し、唐辛子と花椒を炒めて香りを油にうつす。
  4. 生姜とにんにく、ネギを入れて炒める。
  5. 薬味に火が通ったら、さやいんげんを入れる。
  6. 調味料を全て入れ、焦げないように気をつけながら、さやいんげんが好みのかたさになるまで炒める。途中、焦げつきそうになったら水か酒を入れる。

 

さやいんげんは生の状態から炒めると火が通りにくいうえ、よく火が通らないと味がのりにくいので、下茹でしてよく水気をきったものを使ってもよいと思います。

私の友人が作って食べさせてくれた干煸豆角は、今回ご紹介した肉が入っていないタイプのものでしたが、豚肉を細かくきったものを一緒に炒めてもおいしいです。

 

動画 さやいんげんの麻辣炒め


関連記事