2017-08-09

レシピ 百合のつぼみときくらげの卵炒め 金针菜炒鸡蛋 Jīnzhēncài chǎo jīdàn

金針菜とは、ユリ科の花のつぼみを乾燥させたもので、黄花菜とも呼ばれています。日本での呼び名は、ワスレグサ(忘れ草)、またはカンゾウ(萱草)。

ほうじ茶をもっとまろやかにしたような独特の優しい香りがあります。食感が柔らかいので、きくらげとの相性が抜群です。

中国のスーパーで売られていたところを見つけ、友人に食べ方を教えてもらったのが最初。乾物なので日持ちはするし、下処理も水につけるだけだし、食べやすさもあってすぐに消費してしまいます。幸い、日本でも手に入れることができます。

乾燥させる前の生の状態のものは、日本の中華料理店でも炒め物などで食べることができ、非常に綺麗な緑色をしています。ただ、あまり見かける機会はありません。

余談ですが、同じような単語で金针菇(Jīnzhēngū)というものがあります。菇はキノコという意味なので、正解はえのき茸。確かに味が染みたエノキに見た目が似ています。

今回は、金針菜の香りと味をシンプルに楽しめる卵の炒め物をご紹介します。

 

材料


  • 金針菜 15g(乾燥)
  • きくらげ 5g(乾燥)
  • 長ネギ 15cmほど
  • 卵 2個
  • 中華だし 2g(顆粒)和風だしでも
  • 塩 2g 顆粒だしにも塩分があるので加減する
  • 油 大さじ2

 

作り方


  1. 金針菜ときくらげを、水またはぬるま湯に1時間ほどつけて戻しておく。
  2. きくらげを新しい水でもみ洗いし、食べやすい大きさにちぎる。かたい部分があれば取り除く。
  3. 金針菜を新しい水ですすぎ、軽く水気を絞る。つぼみの茎についていた側がかたいことがあるので、気になれば取り除く。
  4. 長ネギを厚み5mm程度の斜め切りにする。
  5. 卵を割って軽くといておく。
  6. フライパンに油を熱し、卵を流し入れる。卵がブクブクしてきたら、全体を大きく混ぜて軽く火を通す。混ぜすぎるとポロポロの炒り卵になってしまうので注意。油の温度が低かったり、油の量が少なくてもフワッとならない。卵は一度皿に出しておく。
  7. 卵を出したフライパンにネギを入れて30秒ほど炒める。
  8. きくらげと金針菜、中華だし、塩を入れて炒める。
  9. 全体に火が通ったら、フライパンに卵を戻して30秒ほど炒める。

 

動画 金针菜炒鸡蛋の作り方


関連記事