2017-07-16

峠の釜飯の釜 ごはん炊けます、捨てないで

学生の頃、深夜バスでスキー場に向かう途中に立ち寄った横川

そこで食べた峠の釜、味もさることながら、印象に残るのはその美しい

釜 そのもの

せっかくの益子焼、できれば捨てずにごはんを炊いてみよう

 

夏向きのレシピを三つほど

しらすそら豆ごはん


  • 米 1合
  • 水 180ml
  • しらす 大さじ1〜2
  • そら豆(苦手な方はえだ豆で) 0.5袋
  • 塩 一つまみ
  • 酒 少々
  • オリーブオイル 少々

トッピング(なくても良い)

  • ねぎ

 

とうもろこしごはん


  • 米 1合
  • 水 180ml
  • とうもろこし ごはんが隠れるくらいたっぷり 缶なら0.5缶使用し、汁も炊く時の水として使うとよい
  • 塩 一つまみ
  • しょう油 少々
  • 酒 少々

 

みょうがまぜごはん


  • 米 1合
  • 水 180ml

トッピング(炊き上がりに刻んで合わせたものをまぜこむ)

  • みょうが 1つ
  • しらす 大さじ1
  • 青じそ 2枚
  • かつおぶし 大さじ1
  • しょう油 お好みの味に加減してみてください
  • 味の素 あれば お好きな方は二振りほど

 

ごはんの炊き方


製造元のおぎのやのHPを参照ください

 

ぜひ、お試しください

関連記事