2017-09-17

レシピ 中国風シンプル蒸しパン 馒头 Mántou

日本食の主食はホカホカの白いご飯。中国の小麦粉を主食とする地域では、麺と並ぶ主食としてシンプルなパンをおかずと一緒に食べます。小麦粉を発酵させて蒸したものが饅頭(馒头)と書いてマントウ。同じ生地を蒸さずに焼いたものが餅(饼)と書いてビンと言います。

身近なところでは、肉まんの外側の生地がマントウと同じもの。肉まんは肉饅頭と言わず、肉包(Ròu bāo)もしくは肉包子(Ròu bāozi)と言います。

マントウは、ごはんと同じ感覚で炒め物や和え物などのおかずと一緒に食べたり、肉料理を挟んだり、具だくさんの辣油や辣腐乳(Là fǔrǔ)を挟んで食べても非常に美味しく食べることができます。砂糖は入っていませんがほんのりとした甘さがあり、口に含んだ時の小麦の発酵した香りとふかふかでモチモチの食感がたまりません。

 

材料


  • 小麦粉(なんでも可 動画は中力粉)500g
  • 水 250g
  • ドライイースト 3g
  • 塩 2g
  • 油 5g

 

作り方


  1. 大きめのボウルに小麦粉、ドライイースト、塩、油を入れ、ざっくりと混ぜる。
  2. 水を2~3回に分けて入れて混ぜ、水が回ったらべたつかなくなるまで捏ねる。
  3. 生地をボウルに入れてラップをし、倍の大きさになるまで発酵させる。夏場なら40分程度。生地を指で押した時に戻らなければ発酵完了。
  4. 生地の空気を抜く様に捏ね、10等分する。小麦粉500g+水250g=約750gの生地になっているので、一つ75gほど。
  5. 分けた生地を丸くまとめ、クッキングペーパーを小さく切ったものにのせて蒸し器の中で二次発酵させる。冬場は蒸し器を短時間熱して、中の温度を35℃程度にするとよい。
  6. 生地が1.5倍以上になったら発酵完了。
  7. 火をつけて、沸騰してから15分程度蒸す。
  8. 蒸しあがったら、火をつけたままフタを開ける。この時フタについた水滴が馒头にかからないように注意する。共に馒头がしぼんでしまう原因になる。

 

温かくてフカフカのうちに食べるのが一番ですが、冷めてもそのまま食べられます。冷蔵庫で保存したものはレンジでチン、かたくなってしまったら少し水をふってレンジで温めます。冷凍保存も可能です。

たくさん作って余ってしまったら、このマントウを2cm角に切って作るチャーハンのレシピがあります。冷やご飯をチャーハンにするのと同じ発想です。

参考:レシピ 饅頭チャーハン 炒馒头 Chǎo mántou

 

レシピ動画 馒头


関連記事