2017-08-19

レシピ 落花生の塩茹で 香辛料風味 五香煮花生 Wǔxiāng zhǔ huāshēng

8月も下旬になると、生の落花生が出回り始めます。

日本は塩茹でが基本ですが、中国は香辛料と一緒に茹でて香りをつけるのが基本。茹でている最中に立ち上る香りが、昔飲んでいた漢方と似ていて、いかにも体に良さそうです。

手が止まらなくなるおいしさですので、是非ともお試しください。

 

材料


  • 生の落花生 500g
  • 塩 10g~
  • 香辛料 各2g~

八角、フェンネルシード、桂皮、陳皮、花椒、唐辛子、ブラウンカルダモンの中で用意できるもの

参考:日本で手に入る中国の食材② ホールスパイス

五香粉や十三香でも代用可 スプーン一杯〜

参考:日本で手に入る中国の食材① 万能粉末香辛料 五香粉と十三香で手軽に本格中華

 

作り方


  1. 落花生をよく洗う。
  2. 落花生の端に割れ目を入れる。殻が硬い時や、落花生の量が多い場合は道具を使うと楽。
  3. 鍋に落花生を入れ、落花生にかるくかぶる位の水を入れる。
  4. 香辛料を入れる。お茶パックなどに入れると後片付けが楽。
  5. 鍋を火にかけ、沸騰したら蓋をして10分ほど茹でる。
  6. 10分経ったら、塩を入れてかき混ぜ、蓋をして1時間ほど茹でる。途中味見をして適宜水の量や塩加減を調節する。ポリっとした食感がよければ、茹で時間は短くてよい。
  7. 好みのかたさに茹で上がったら火を止め、鍋のまま冷ます。冷ます間に味が染みるので、火を止めた直後は少し味が薄く感じても大丈夫。茹でたてを食べたければ、塩を若干強めに。
  8. 水気を軽くきって、皿に盛る。

 

冷凍保存も可能ですが、できるだけ早めに食べ切りましょう。

 

動画 五香煮花生の作り方


関連記事