2017-11-29

レシピ 茹で塩豚 シンプルな味付けでバインミーにはさむ

脂っぽい豚バラもゆっくりと煮て、プリプリのまま少しさっぱり塩味に仕上げます。

コクのあるレバーパテに、あっさりとした塩豚をパンに挟んでバインミーに。

茹で上がりを少し冷ましてスライスし、お好みの薬味とタレと一緒に。

ご飯もお酒も、とてもすすみます。菜っ葉に包んで食べても良し。

 

材料


豚肉(脂身が適度にある固くなりにくいもの 画像は豚バラ)400g

塩 大さじ1(12g~)

酒 60g

生姜 ひとかけ(20g)

ネギ 青い部分一本分(50g~)

水 500g

 

作り方


  1. 豚肉を保存袋に入れ、塩を振り入れて肉によくまぶして揉み込む。空気をしっかり抜いて冷蔵庫で2~3日寝かせる。
  2. 豚肉を室温に戻し、鍋に分量外の水を沸かして5分ほど茹で、塩抜きする。
  3. 茹でた豚肉とネギ、生姜の輪切り、酒、水を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら静かに沸く程度に火を調節して蓋を閉めて1時間程度茹でる。
  4. 竹串がスッと通るようになったら出来上がり。食べやすい大きさにスライスして盛り付ける。

 

お好みの薬味とタレを用意します。塩味が効いているので、もちろんそのままでも。オススメのタレは、ごま油+黒胡椒、からし醤油、辣油+黒酢など。レモンやライムなど柑橘を絞っても。家に何か醬の類があれば、薬味と一緒に菜っ葉に包んで食べても。

今回はバインミーに挟むために作りました。レバーペーストがなかなかの脂の塊なので、茹でたタンパク質が合うかなと思って。そう言いながら豚バラですが。

豚のだしがしっかり出て塩味のついた茹で汁は、味を調節して麺類などのスープや塩豚汁などにも利用できます。

 

レシピ動画


関連記事